最悪な状況を切り抜けたカードローン

私が唯一金融機関でお金を借りた事があるのは、今から約3年前です。

そのころの私は、結婚したばかりで生まれたばかりの子供がおり新生活に何かとお金がかかる時期でした。

妻は子供が小さいため、働くことが出来ず、家計はまさに火の車でした。

少しでもお金を増やそうと不要な家具や洋服をインターネットで売って、給料の足しにしていましたが、そもそもの給料が少なかった為、いくら売っても家計の赤字は続きました。

そうこうしているうちに、ついにクレジットカードの支払いが間に合わなく、家に振込用紙が届いたり、ガス代が払えずにガスが止められたり、住民税が支払えずに銀行の口座を締結されたりと最悪な状況になっていきました。

このままでは本当にまずいと思い今よりも良い給料の会社に転職をしようと思い、なんとか大手企業に就職する事ができました。

しかし、最初の給料が支払われるまでの時間も厳しい状況は変わりありません。

その時もガスの支払いとクレジットカードの支払いが厳しい状況でした。

そこで、まずは実の兄に電話をして、5万円を貸してほしい旨つたえました。

兄にそのような事をお願いするのは初めてでしたので、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかし、その5万円も支払いに回しても、すぐに別の支払いが来てしまい、困った挙句、ついにカードローンに手をだしました。利用したのはモビットです。

約10万円ほど借り入れをおこないました。

給料も上がるし少しづつ返していけばいいと思ったのです。

ところが、毎月毎月一定額支払っても一向に元金が減っていきません。簡単に借りられたお金は簡単には返済できないのです。

生活を切り詰めて、払えるときには少しでも払えるように頑張って、何とか返済が終わったとき、二度と借金はしないと近い、そのカードをハサミで切りゴミ箱になげつけました。

しかし、カードローンが無ければあの最悪な状況を切り抜けられなかったのも事実でしょう。