最悪な状況を切り抜けたカードローン

私が唯一金融機関でお金を借りた事があるのは、今から約3年前です。

そのころの私は、結婚したばかりで生まれたばかりの子供がおり新生活に何かとお金がかかる時期でした。

妻は子供が小さいため、働くことが出来ず、家計はまさに火の車でした。

少しでもお金を増やそうと不要な家具や洋服をインターネットで売って、給料の足しにしていましたが、そもそもの給料が少なかった為、いくら売っても家計の赤字は続きました。

そうこうしているうちに、ついにクレジットカードの支払いが間に合わなく、家に振込用紙が届いたり、ガス代が払えずにガスが止められたり、住民税が支払えずに銀行の口座を締結されたりと最悪な状況になっていきました。

このままでは本当にまずいと思い今よりも良い給料の会社に転職をしようと思い、なんとか大手企業に就職する事ができました。

しかし、最初の給料が支払われるまでの時間も厳しい状況は変わりありません。

その時もガスの支払いとクレジットカードの支払いが厳しい状況でした。

そこで、まずは実の兄に電話をして、5万円を貸してほしい旨つたえました。

兄にそのような事をお願いするのは初めてでしたので、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかし、その5万円も支払いに回しても、すぐに別の支払いが来てしまい、困った挙句、ついにカードローンに手をだしました。利用したのはモビットです。

約10万円ほど借り入れをおこないました。

給料も上がるし少しづつ返していけばいいと思ったのです。

ところが、毎月毎月一定額支払っても一向に元金が減っていきません。簡単に借りられたお金は簡単には返済できないのです。

生活を切り詰めて、払えるときには少しでも払えるように頑張って、何とか返済が終わったとき、二度と借金はしないと近い、そのカードをハサミで切りゴミ箱になげつけました。

しかし、カードローンが無ければあの最悪な状況を切り抜けられなかったのも事実でしょう。

職場をよく変えるので金欠な時が多いです

私は派遣や契約社員で数か月から2年程度で職場を変えています。褒められた働き方では無いのは十分判っているのですが、この気楽さを何年も続けてるので今更一つの会社に就職してこの先何年も働くのはちょっと出来る自身がないです。
周囲の目も対して気にしませんし、将来の不安もあまり感じない性格なのでその辺りで困ることはないのですが、お金に関しては全く別です。

次の仕事との間に空白期間が出来てしまう事もよくありますし、交通費が出ない職の時も特に派遣の方では多々あります。ですので酷い金欠はよく有りますね。本当に頻繁に。
明後日給料日だけど、手持ちと銀行合わせても1000円以下なんて事も何度かありました。そんな時はもう今すぐお金がほしいのでしょうがないですね。食べ物があれば別ですがそういう状態の時は大抵家にあるものは既に食べつくしてますから。
最初の頃はブックオフなどで本やCDを売って凌いでいました。本50冊売っても1000円にもならないとか厳しいものでしたが背に腹は代えられずです。

でも働き初めて3年位経ってから初めてクレジットカードを作り、それからは数百円の為にブックオフに駆け込む事はほとんど無くなりました。何でもっと早く作らないの?と思われるでしょうが、どうにもその頃は借金、クレジットカードというものに抵抗がありなかなか手は出せませんでした。今では何の抵抗も無くなってしまい限度額に達してしまう事もありますが。そう考えるとどっちがマシなのか判りません。
今もクレジットで使える残高が少ないのですごくお金欲しいです。スマホがもう3年以上使っててバッテリーが1日持たない有様ですが機種変する余裕なんてありませんから。通勤途中にケータイ屋さんの前を通るのですが、そこでiphone6を見かける度に、お金さえあればなぁ今すぐ買うのに!と悶々としています。

国民年金の年払い期限を忘れていて

私はフリーランスとして働いているので、国民年金に加入しています。少しでも払う金額を少なくしたいということと、クレジットカードで払えばポイントがつくということで、一年分をまとめてカード払いにする、年払い式を利用しています。3000円ほど割引になるのでお得ですが、20万円弱をまとめて払うので、カード会社から引き落とし予定明細が来ると、まとまった金額を引き落とし口座に入れておかなくてはなりませんでした。

昨年のこと、いつも通りに5月に明細が送られてきて、6月10日の引き落とし日までにはお金を用意しておかなくてはならなかったのに、ちょうど仕事が重なってうっかり忘れてしまいました。そして6月9日、用事で1日外出している時に急に思い出して、もの凄く焦りました。東京から横浜に戻って来る途中の東横線に乗っている時に思い出し、その時にちょうどメールのやり取りをしていた友人に「年金引き落としを忘れていた」と書いた所、「貸せるから、途中で家に寄ってくれてもいい」と言ってくれました。彼女の家はたまたま東横線上にあったのです。お金の貸し借りをするほど長い付き合いの友人ではなかったのですが、とてもありがたいと感じました。でもやはり10万以上のお金を主婦から借りるのは気が引け、他に持っている銀行口座の残金に賭けることにしました。

横浜に着き、数か所のATMを回ってお金をかき集めたらギリギリで必要金額を上回りました。友人「間に合った」というメールを送りホッとしましたが、いい大人なのに焦って残金をかき集めてやっと間に合った、なんていうことになってしまい、恥ずかしかったです。今年はその様なことがない様に、十分気をつけました。

そういうときは主婦でも借りれるローンを借りるという手もありますが。
http://主婦でも借りれるよ.com/

ネット社会とクレジットカード

ネット社会で生きるためにはクレジットカードが絶対必要である。
なぜならば、ネット上での商品やコンテンツの購入にはクレジットカード払いのものが多いからである。

例えば、大手の通販サイトであるamazonを見てみると、たしかにクレジットカード払いもあるが、代引きによる支払いも可能であるように見える。
しかし、代引きを使用できないマーケットプレイスの出品の商品が存在したり、代引きを行うだけでも手数料を取られるので、やはりクレジットカード払いが有利だ。
これからの時代、クレジットカードに求められるサービスは「多くのサイトで利用が可能であること」だろう。
クレジットカードによってはサイトの決済に対応していないこともあるため、クレジットカードを手に入れる場合はよく注意をしたい。

クレジットカードをお徳に利用したいならば、amazonを利用しよう。
一度利用するだけで代引き手数料である324円分を毎回徳することができる気分になれるからだ。

初めてのクレジットカード選び

ネットショッピングで活躍しているクレジットカード

よくネットショッピングをするので、クレジットカードを使います。クレジットカードだと振込みの手間が省けるので、欲しい商品が直ぐに買うことが出来て便利なので使っています。

高額な商品を買うときに、手元に現金が足りなくて買いたくても買えない時にはクレジットカードで分割払いにしています。

ほとんどは、一括払いにしているので、次の月には全部支払いが出来る金額までに抑えて、借金をなるべく作らないようにしています。

今では、携帯電話の料金やネット利用料などの支払いも全てクレジットカードで支払いしてるので、支払先が一箇所で楽になりました。

クレジットカードを使っていると、知らないうちにポイントが貯まっているのが嬉しいです。ポイントがある程度貯まったら、商品券に交換して使っています。

ポイントで商品券に交換でも嬉しいですが、貯まったポイントを現金に変えて貰うか、次の月の支払いから差し引いてもらえるサービスがあったら、もっと良いと思います。